単語が覚えられません!処方箋-中1(その1)-

【単語が覚えられません! 処方箋ー中1用(1)ー】

5月は中学生になって初めての定期試験の時期でした。

4月にワクワクして受けた中学生として初めての英語の授業。

この時期にもう壁にあたってしまうなんて

子どもたちが一番つらいはずです。

殆どの学校が5月中旬から下旬に中間試験を行います。

聖心や神大附属のような2期制の学校は6月に実施されます。

この時期のお問い合わせに多いのが

「単語がまったく覚えられないようなんです。」

という保護者の方からのご連絡です。

中には本当に心配されて、

「病院にも相談してみようかと思うんです。」

という方まで。

そこで無料体験レッスンにお越しいただくのですが、

体験レッスンを通して見えてくる、

「単語が覚えられない」

というよりも、

「単語を覚える気になれない(^ ^)/」

中1生の特徴をまとめてみました

↓  ↓  ↓

1)実はアルファベットの大文字・小文字がスラスラ書けない!

2)実はローマ字をマスターできていない!

3)アルファベットの正しい発音ができていない!

4)英和辞典をひいたことがない(または持っていない!)

まだ続きがあるのですが、

長くなるので今日はここまで。

まず1)

大文字と小文字のA~Zまで、4線ノートを使って、

ミスなくそれぞれ40秒以内に書けていますか?

これができていないとスタート地点にすら立てていません。

bとdがさかさまになっていたり、

g, j やp, qが4線の間違ったところに

書かれていたりしませんか?

次に2)

ローマ字はバカにできません。

最近はローマ字をしっかりと導入しない学校が

増えてきて困ってしまいます。

エコスコラは、中学生からの英語では

フォニックスよりもまずローマ字。

子音の発音にざっくり慣れるのに

ローマ字はとても便利です。

例:sa, chi, ma, na など

学校のテストでは人の名前を英語で書くことも求められます。

英単語を覚えるときにも必ず役に立ちます。

3)

アルファベットをA~Zまで正しく発音できていますか?

Aは「エー」ではありません!

Kも「ケー」じゃない。

B と V

L と R

G と Z

これ以外にも

発音で注意しなければならないアルファベットが

たくさんあります。

それにA~Zまで順番に発音するだけじゃダメなのです。

ランダムにアルファベットを示されて

即座に発音ができていますか?

ランダムに選択されたアルファベットが発音できない場合は

Z~Aに向かってアルファベットを発音してみましょう。

そうすれば、

どのアルファベットの「文字と発音が一致」していないのかが

わかります!

1)~3)までができていない。。。

それなのに

「英単語が覚えられないんです。」

というのは、

論外

なのです。

まずはここからスタートしてみてください。

ローマ字は覚え方のコツがありますよ。

体験レッスンでお見せしましょう。

そして4)

アルファベットがマスターできていないのに

辞書が使えるわけがないのですが。。。

アルファベットの順番もわからないのに

単語を見つけ出せるわけがないですね。

でも、せっかくヤル気になって購入した問題集には

たくさん知らない単語がありませんか?

「わからない単語」をそのままにすると

大変なことになってしまいます。

たくさんの「わからない単語」をそのままにしておくと

あっという間に英語大っ嫌いっ子になります(> <)。

知らない単語をみつけたら

すぐに辞書をひく習慣を 今すぐ!つけましょう。

当然ですが。。。

まずはアルファベットです。

「まさか?アルファベットができていないことはない!」

と思われるでしょう。

是非一度チェックしてみてくださいね☆彡

まずは

大文字と小文字をそれぞれ40秒以内で

正しく・綺麗に!

書けているか、からチェックスタートです。

英語の学習はとっても楽しいはずですよ!

ー処方箋(2)につづくー

カテゴリー: 単語を覚える, 文法の学び方, 英語学習の心構え パーマリンク

単語が覚えられません!処方箋-中1(その1)- への7,659件のフィードバック